屋根塗装をする際の注意点と種類


屋根塗装をご検討のお客様はご自宅の屋根材の種類を把握して理解することが必要です。

実は住宅の屋根材には、塗装できない屋根や塗装に不向きな屋根材や塗る塗料を限定しなければならない屋根材があります。

そのほとんどが平成12年(2000年)前後に製造された「ノンアスベスト切り替え時期の製品」です。

アスベスト(石綿)は健康被害の影響から規制されるようになり、平成12年(2000年)前後頃には各メーカーがノンアスベストにした製品を販売し始めています。

アスベストは強度が高いため優秀な建材で、昔の屋根には一般的に使われていました、ところがアスベストを抜いた分強度が低くなり、切り替え当初の製品は特にそれが顕著に劣化としてでてしまいました。塗料を塗れば保護されると言う方もおられますが、塗装をしても、強度が保てない、劣化をとめれない、塗装する意味がないという傷み方をします。

ただこの時期のノンアスベスト屋根材が全て塗装できないわけではありませんので、代表的な屋根材の種類と塗装に不向きな屋根材や塗装NGの屋根材などをご紹介いたします。ぜひ参考にして下さい。


1. パミール

 製品名: パミール

メーカー: ニチハ
製造期間:1996年〜2008年 現在は製造中止

パミールは、塗装できない屋根の代表的な屋根材で、製品の不具合により、今は製造中止になっている屋根材です。外壁材の大手メーカー・ニチハの製品です。使用されている住宅数もかなり多いとされています。ミルフィーユのようにパリパリと剥がれてくる、層間剥離という症状が出てきます。塗装しても意味がないので、工事費の無駄です。この場合の施工方法は、屋根カバー工法工事か屋根の葺き替え工事を推奨することになります。


2.コロニアルNEO

製品名: コロニアルNEO

メーカー: クボタ(現ケイミュー)

製造期間: 2001年〜製造中止

コロニアルNEOはクボタ(現ケイミュー)の製品で、最も普及している屋根材「カラーベストシリーズ」の商品です。
細かいクラックや先端の劣化、崩れが起きやすいのが特徴です。ただ、コロニアルNEOは他の屋根材に比べると不具合の報告が少ないので、状態によっては塗装で、持たせられる可能性はありますので、一度点検が必要です。

3.レサス

製品名:レサス

メーカー:松下電工(現ケイミュー)

製造期間:1999年〜2006年

レサスは強度が低く、屋根点検で上を歩く際にも割れる危険があるほど、強度は低く、クラックや、扇型に大きな割れるような欠損が多いです。塗装しても強度自体は戻せません。

4.アーバニーグラッサ

製品名: アーバニーグラッサ

メーカー: クボタ(現ケイミュー)

製造期間: 2001年〜2005年

アーバニーグラッサは似たようなアーバニー、ニューアーバニーもありますが、アスベストは少量程度でも含まれています。アーバニーグラッサはノンアスベストの屋根材のため、アスベストが含まれていないタイプのアーバニーグラッサが特に強度が低いです。鱗のようなパターンと入り組んだデザインのため、強度が低く、クラックや欠損、パカパカ浮いてくることもあり、先端が割れ、滑落してくるという事例が多いです。
塗装に不向きな屋根材です。


5.ザルフグラッサ

製品名: ザルフグラッサ

メーカー: クボタ(現ケイミュー)

製造期間: 2001年〜2005年

ザルフグラッサはコロニアルNEOと似た形状ですが、比べるとこちらの方がややスリット幅があります。そして、クラックや劣化が酷い部分はパミールような層間剥離をおこします。
こちらも塗装には不向きです。



6.グリシェイドNEO

製品名: グリシェイドNEO

メーカー: 松下電工(現ケイミュー)

製造期間2002〜2008年

グリシェイドNEOはノンアスベスト屋根材です。ノンアスベスト屋根材によくみられる症状で反り上がりや強度の低さ、クラック、層間剥離もあります。屋根材自体の耐久性に問題があり、塗装しても意味はありません。


7.セキスイ瓦U

製品名: セキスイ瓦U

メーカー: 積水屋根システム(旧セキスイルーフテック)

製造期間: 1990年〜2007年

セキスイ瓦Uは、大手ハウスメーカーの積水グループの住宅で長く使われていた屋根材で、U瓦とも呼ばれ、古くから販売されていましたが、1990年から、ノンアスベストに切り替わっています。クラック、表面塗膜の剥がれが発生します。塗装しても強度が保てないため、塗装には不向きです。